第64回全国高校軟式野球選手権大会は24日、明石トーカロ球場などで開幕。史上2校目の3連覇と、全国最多となる10度目の優勝を狙う3年連続23度目出場の東海代表・中京学院大中京は23日、加東市社第2球場で午前8時から3時間練習。2年ぶり6度目出場の福岡大大濠(北部九州・福岡)と戦う明石トーカロ球場の開幕戦(午前11時開始)へ向け、調整した。

 2連覇を支えた最速143キロ右腕・佐伯奨哉は抜けたが、平中亮太監督が「1試合7点取るように伝えている」と語った強打が、今チームの持ち味。全国を決めた東海でも3試合で17得点した強力打線の中心にいるのが、1年から中軸を打つ4番捕手の保木平...    
<記事全文を読む>