軟式野球の全国高校選手権が24日、兵庫県明石トーカロ球場などで開幕、群馬県の高崎商業高校が北関東代表として出場する。36年ぶり5度目の舞台。1回戦は大会初日、大阪代表のあべの翔学と戦う。後藤央生主将は「大会で最高の状態にしたい」と力強く語り、チームは練習に励んでいる。

◎打力の底上げで手応え
 軟式野球の全国高校選手権に臨む高崎商は、小技で攻めるのが持ち味。それを保ちつつ、本来各打者が持つ打撃力を底上げする練習にこだわっている。近距離から投げた緩い球をコースに合わせて打ち分け、「打つ意識」を高めてきた。鈴木高幸監督は「長打力が上がり空振りが減った」と手応...    
<記事全文を読む>