レスリングの全国高校生グレコローマン選手権第2日は18日、大阪府の堺市金岡公園体育館で4階級の決勝までがあった。佐賀県勢は51キロ級の荒木瑞生(鳥栖工)が頂点に立ち、55キロ級の尾西大河(同)が2位に入った。60キロ級の伊藤翔哉(同)は5位入賞を果たした。

 荒木は1回戦から準決勝までの5試合でTフォール勝ちを収めると、山際(山梨・韮崎工)との決勝は判定勝ちした。尾西は準決勝までの5試合でポイントを許さず、決勝は昨年51キロ級を制した塩谷(東京・自由ヶ丘学園)に判定負けした。

...    
<記事全文を読む>