全国高校総合体育大会「南部九州総体2019」は11日、鹿児島県などで3競技が行われた。佐賀県勢は柔道女子団体の佐賀商が名張(三重)に3-0で快勝し、3回戦に進出した。男子の個人戦は4階級があり、81キロ級の小畑大樹(佐賀商)のベスト8が最高だった。

 なぎなたは、個人演技の森朋花・荒川夏羽(鹿島・鹿島実)が予選リーグを突破したが、決勝トーナメントの1回戦で敗退。空手道女子個人組手の石丸ひかり(佐賀東)は敗者復活1回戦で敗れた。

 12日は鹿児島、沖縄、和歌山の3県で柔道、なぎなた、ヨットの3競技が行われる。

<柔道>

 ▽男子81キロ級1...    
<記事全文を読む>