こつこつと努力を重ね、仲良く淡々と試合に臨んだ選手たちが、初の大舞台で見事に頂点の座をつかんだ。10日に宮崎県で行われた全国高校総合体育大会(インターハイ)弓道競技で、女子団体の天童(海藤優、高梨理帆、峯田琴子、後藤優歩、須藤遥香)が優勝を飾った。

 実力は未知数だったが、入賞歴や前評判などお構いなしに、チームワークの良さと日ごろから実践する「考える練習」の成果を出し切った。今野健一郎監督は「正直ここまでの結果を出したことには驚いた。やるべきことをやるということがこんなにも大きな力になることを改めて感じた」と率直な感想を語った。

 試合時の迫力や緊張感とは異なり...    
<記事全文を読む>