南部九州インターハイ(全国高校総体)第15日は10日、宮崎県都城市などで5競技が行われ、岡山勢は弓道男子団体で岡山工が初優勝を飾った。弓道の団体制覇は女子を含め県勢初。柔道男子団体は作陽が3位に入った。

 弓道の女子団体は天童(山形)が初の頂点。柔道男子の団体は国士舘(東京)が決勝で大牟田(福岡)を代表戦の末に下し、3年ぶり15度目の栄冠をつかんだ。個人戦は60キロ級で近藤隼斗(佐賀工)が2連覇。66キロ級は田中龍馬(佐賀商)、73キロ級は有馬雄生(神奈川・東海大相模)が制した。

 アーチェリー団体で男子は愛知産大三河が6年ぶり4度目、女子は甲南女(兵庫)が11...    
<記事全文を読む>