全国高校総合体育大会「南部九州総体2019」は10日、鹿児島市の鹿児島アリーナなどで行われ、柔道男子個人60キロ級の近藤隼斗(佐賀工)と同66キロ級の田中龍馬(佐賀商)がともに優勝した。近藤は大会2連覇。今大会の佐賀県勢の日本一は、レスリング男子個人60キロ級の小野正之助(鳥栖工)、陸上男子5000メートル競歩の宮原空哉(同)に続いて4人となった。

...    
<記事全文を読む>