全国高校総体は9日、熊本県などで6競技を行い、アーチェリー女子個人で渡辺麻央(東京・足立新田、富士市出身)が優勝した。加藤帆乃香(浜松商)は8強、男子の高久雄吾(浜松北)は16強に入った。
 空手は個人組手で男子の栗田尊(浜松開誠館)と石川一茶(御殿場西)、女子の永井カンナ(浜松開誠館)と岡崎愛佳(御殿場西)が3回戦に進んだ。女子団体組手は御殿場西が1回戦を突破した。
 弓道団体は男子の駿河総合が準々決勝進出。女子の島田商は決勝トーナメント1回戦で敗退した。
 柔道男子団体は加藤学園が4回戦に進み、ソフトボール男子の飛龍は準々決勝で新島学園(群馬)に敗れた...    
<記事全文を読む>