アーチェリー女子個人はU-17(17歳以下)日本代表の加藤(浜松商)が準々決勝で予選1位の園田(東京・足立新田)に敗れ、4強入りを逃した。
 相手は史上最年少で日本代表入りし、6月の世界選手権に出場した世代トップ選手。1、2セットを奪われて主導権を握れず、最終的に6-2と差が開いた。加藤は「離されてしまって悔しい」と険しい表情だった。
 時折、強い風が吹く難しい状況での試合だったが、3回戦までは安定した戦いぶりで実力を示した。「初めての全国総体だったので、どこまでいけるか分からなかった。結果としては良かった」と話し、今後は「今日以上の結果を出せるように頑張りたい」と...    
<記事全文を読む>