県は九日、毎年夏に開いている中国・遼寧省と韓国・京畿道の高校生を招いたスポーツ交流に、今年は京畿道から不参加の連絡があったと明らかにした。県国際課に八日、「韓日の貿易問題による両国関係の冷え込みを考慮した」とのメールが届いた。日本が輸出の優遇対象国から韓国を外したことが原因とみられる。

 交流は二〇〇四年から毎年、男子サッカー、女子バスケットボール、男女卓球の競技で開催国を持ち回りで開いている。県によると、外交問題で不参加のチームが出たのは初めて。

 遼寧省からは内部事情によりサッカーとバスケの選手を派遣できないと連絡がきていて、今年は日中の卓球だけの交流になる...    
<記事全文を読む>