全国高校総体「南部九州総体2019」第8日は3日、沖縄県糸満市西崎総合体育館などで8競技が行われ、重量挙げ102キロ超級で木口永遠(海津明誠)がスナッチで準優勝、トータルで3位に入った。

 木口はスナッチで自己新の118キロを記録。ジャークは135キロで、トータル253キロをマークした。西尾奨馬(土岐紅陵)はトータル21位だった。

 バドミントンの男子ダブルスは坂井颯真、石山稀陽(県岐阜商)組が3回戦敗退。野田奏多、大岩一翔(同)組、女子ダブルスの岸田なつみ、野原万由佳(大垣西)組、島崎妃奈乃、小川咲亜弥(県岐阜商)組はいずれも2回戦で敗れた。

 テ...    
<記事全文を読む>