全国高校総体は3日、宮崎県などで8競技を行い、少林寺拳法の聖隷クリストファーは男子団体演武と女子組演武(荒井彩乃、青山恋弓)で決勝へ進んだ。テニス女子団体の浜松市立は3回戦で敗退。バドミントン女子ダブルスの常葉大菊川の石上瑠奈、鈴木愛実組は準々決勝進出を逃した。

...    
<記事全文を読む>