バドミントン男子個人ダブルス準々決勝で、菊川、吉岡組(宮城・聖ウルスラ学院英智)は奈良岡、武藤組(青森・浪岡)と接戦の末、敗れた。
 相手は3月の全国選抜大会優勝ペア。サーブレシーブから積極的に攻め、先手をとることに活路を見いだそうとした。「前に出て戦うことを意識した。(2日の)団体優勝の勢いも感じていた」と吉岡。強気の姿勢が相手のミスを誘って第3ゲームまで持ち込んだが、最後は相手の地力が勝った。長いラリーをことごとく落としてリードを奪うことができなかった。
 菊川は「攻めて勝ちたかったが一歩及ばなかった。悔しい」と涙を隠さなかった。

...    
<記事全文を読む>