第7日は2日、熊本県八代市の八代トヨオカ地建アリーナなどで行われ、バドミントン男子団体の決勝は聖ウルスラ学院英智(宮城)と浪岡(青森)の東北勢対決となり、聖ウルスラが3-0のストレートで勝ち、初優勝を成し遂げた。女子団体はふたば未来学園(福島)が決勝で埼玉栄を3-1で下し、4連覇を果たした。
 重量挙げでは佐々木柾(宮城・柴田)が81キロ級トータルで3位に入賞。バレーボール男子の東北(宮城)は3回戦、準々決勝を突破し、3日の準決勝で東福岡と対戦する。

◎強気のオーダー 東北対決制す

 バドミントン男子団体は聖ウルスラ学院英智(宮城)が初の栄冠に輝いた。...    
<記事全文を読む>