全国高校総体は2日、鹿児島県などで10競技を行った。体操女子の芦川うらら(常葉大常葉)は種目別平均台で優勝し、個人総合では9位に入った。ボクシングはピン級の大木彪楽(飛龍)は決勝進出を逃し3位。バドミントン団体男子の富士見は準々決勝で浪岡(青森)に0-3で敗れた。バレーボール男子の聖隷クリストファーは決勝トーナメント3回戦で敗退した。
 自転車男女ロードレースは県勢選手計6人が出場したが、いずれも途中棄権に終わった。テニス男女団体は、女子の浜松市立が16強入り。男子の静岡市立は2回戦で姿を消した。少林寺拳法は男子団体演武の聖隷クリストファーと男子単独演武の小林征純(静岡西)が...    
<記事全文を読む>