第23回全国高校女子硬式野球選手権大会は1日までに、兵庫県丹波市のつかさグループいちじま球場ほかで準決勝までを行い、作新が準決勝で札幌新陽(北海道)を8-4で下し初の決勝進出を決めた。作新は2日午前10時から、同球場で行われる決勝で履正社(大阪)と対戦する。

 作新は1、2回戦を計1失点で勝ち上がると、準々決勝は京都両洋(京都)に逆転サヨナラ勝ち。準決勝でも好調な打線が初回からつながり、海老沼桃(えびぬまもも)の右中間を破る二塁打など3本の適時打で3点を先制。その後も五回を除いて毎回得点を挙げた。

 先発の上岡(かみおか)なつは毎回先頭打者を出しながら五回3失点...    
<記事全文を読む>