バレーボール男子の松本国際高が3日、宮崎県都城市で行われた全国高校総体(インターハイ)で優勝した。旧校名の創造学園高で初優勝した2011年以来、8年ぶり2度目。決勝で東北高(宮城)を接戦の末、3―1で破った。

 松本国際は準決勝で優勝候補の一角、東山高(京都)を破り優勝へ王手。決勝は素早いコンビネーションで第3、4セットを連取した。

 県勢の同種目の優勝は、1962年までの9人制と合わせ5度目。 

...    
<記事全文を読む>