全国高校総体は1日、沖縄県などで10競技を行った。自転車トラックの男子スプリントは日高裕太(静岡北)が優勝し、全国選抜大会との2冠を達成した。レスリング男子個人は125キロ級の宮内勇真(伊豆総合)が2位。92キロ級の高橋凜太郎(飛龍)は準々決勝で敗退した。
 ボクシングピン級の大木彪楽(飛龍)は準々決勝で判定勝ちし、4強入りした。バレーボール男子の聖隷クリストアファーは高川学園(山口)に2-1で逆転勝ちし、16強進出。ソフトテニス女子団体の浜松商は2回戦で敗れた。バドミントンは団体を行い、男子の富士見が準々決勝へ進んだ。女子の常葉大菊川は初戦で姿を消した。

...    
<記事全文を読む>