熊野高校の晄眞空君(3年)と松場文哉君(2年)が、31日と9月1日に大阪市のヤンマーフィールド長居で開かれる第7回全国高校陸上競技選抜大会(日本陸上競技連盟主催)の男子五種競技に出場する。

 この大会の五種競技は、100メートル、400メートル、走り高跳び、走り幅跳び、砲丸投げ。晄君と松場君は、標準記録(任意の3種目で計2300点)を突破して全国選抜の出場枠の24人に入った。2人はともに身長180センチを超える長身を生かし、400メートルまでの短距離走や跳躍競技を得意としている。

 晄君は、このほどあった全国高校総体の男子八種競技で6位に入賞。進学を希望しており...    
<記事全文を読む>