南九州や沖縄などで開かれている全国高校総体(インターハイ)は二日、バスケットボール女子決勝で、岐阜女子が桜花学園(愛知)に59-72で敗れた。岐阜女子の準優勝は二年連続。

 ほか県勢は、自転車競技女子個人ロードレースで、岐阜第一の若原梨々花選手(二年)が五位入賞した。

  女子バスケットボール決勝は、五年連続で同じ顔合わせとなった。岐阜女子は第一クオーター(Q)こそ粘り強い守備で宿敵・桜花学園と互角に戦ったが、相手にゴール下を固められた中盤以降、ミスが増え、二年ぶりの優勝はならなかった。

 チーム最多の21点を決めた主将の林真帆選手(三年)を中心に追...    
<記事全文を読む>