高校バスケットボールの強豪・能代工業高と中国の高校生選抜チームによる国際親善試合が10日、秋田市の県立体育館で開かれる。入場無料。バスケに関連したイベントもあり、中国の動画配信サイトを通じ公開される。主催者は「多くの県民に楽しんでもらいたい」としている。

 試合は中国の大手IT企業「テンセント」の関連会社が主催。中国で31日に開幕するバスケ男子ワールドカップのプロモーションの一環。

 県庁で1日会見した担当者らによると、中国では日本のバスケ漫画「スラムダンク」が大人気という。能代工高をモデルとした強豪校が登場することから、同校も中国のバスケ選...    
<記事全文を読む>