全国高校総体(インターハイ)第6日は1日、沖縄県金武町の金武町フットボールセンターなどで行われ、男子サッカー決勝は桐光学園が1-0で富山第一(富山)を下し、初優勝を飾った。冬の選手権も含め、同高にとって初の全国制覇。

 後半終了間際の速攻からFW神田が得点。再三のピンチを無失点に封じてきた粘り強い守備が好機をたぐり寄せた。

粘り強い守備が奏功 神田が土壇場でゴール

 主審が腕時計に視線を落とし始めた後半終了間際。桐光学園の鈴木勝大監督(41)は試合後に「延長戦もPK戦も覚悟の上だった」と振り返ったが...    
<記事全文を読む>