令和元(2019)年度玉竜旗高校剣道大会が24日、福岡市の照葉積水ハウスアリーナでの女子開会式で幕を開けた。女子で史上2校目の4連覇を狙う中村学園女子(福岡)が優勝旗を返還。大会会長の上田憲幸九州剣道連盟会長と大会名誉会長の柴田建哉西日本新聞社社長が選手たちを激励した。選手を代表して中村学園女子の奥谷茉子主将(3年)が「記念すべき令和元年に剣を交えることを心から誇りに思う。熱心に支えてくださった家族や多くの方々に感謝し、最後の1秒まで諦めずに全力ではつらつとした試合をする」と宣誓した。

 女子大会には384チームが参加。25日に1、2回戦があり、26日に3回戦から決勝までを...    
<記事全文を読む>