抜き勝負の団体戦で頂点を競う令和元(2019)年度金鷲旗高校柔道大会第3日は23日、福岡市東区の照葉積水ハウスアリーナで女子の5回戦以降を行い、決勝で富士学苑(山梨)が敬愛(福岡)を破って初優勝を果たした。敬愛は準優勝。九州勢は長崎明誠、熊本西がベスト8入りした。

 今春の全国選手権を初制覇した富士学苑は、福岡市出身の小斉穂奈美(2年)の活躍もあり、最後まで大将の出番がないまま安定した闘いぶりを見せた。

 敬愛は準々決勝で長崎明誠との九州対決を制し、準決勝では埼玉栄を相手に2人残して快勝。富士学苑との決勝は互いに譲らぬ接戦となったが、中堅同士の勝負で先行を許し、...    
<記事全文を読む>