剣道の全九州高校大会は最終日の7日、那覇市の沖縄県立武道館で男女の団体(5人制点取り方式)と個人の決勝を行った。男子団体は3月の魁星旗で準優勝の福岡大大濠が、決勝で同月の全国選抜大会で準優勝の明豊(大分)を破った。女子団体は同大会準優勝の島原(長崎)が筑紫台(福岡)に勝った。個人は男子が福岡大大濠の池田虎ノ介(3年)、女子は島原の岩本瑚々(2年)が制した。

...    
<記事全文を読む>