宮崎県で27~31日に開かれる全国高校総体(インターハイ)のホッケー競技に、田辺男子が12年ぶりに出場する。このほど滋賀県であった近畿高校総体の初戦で強豪の立命館(京都府)に2―1で勝ち、出場を決めた。

 近畿総体は代表6校によるトーナメントの勝ち抜け戦で、最下位以外の5校がインターハイの出場を決めた。

 田辺は立命館との試合で積極的なプレーで先制し、相手の攻撃をしのいで勝利した。

 選手は全員が高校からホッケーを始めた。田辺高校には芝生のコートがなく、普段は土のグラウンドで練習している。芝生に慣れるため、本年度は月4回...    
<記事全文を読む>