県高校総体の柔道競技がこのほど、白浜町の町立総合体育館であり、男子個人100キロ級で熊野3年の上野優人君が準優勝した。女子団体では熊野が3位に入り、女子個人では熊野の3人が各階級で3位に入賞。南部3年の亀井瑞稀さんは女子78キロ超級で準優勝だった。個人、団体とも各部門の1位が全国高校総体に出場する。

 男子100キロ級には10人が出場。上野君は初戦と準決勝を勝ち、決勝へ進んだ。決勝は箕島の選手に技ありを奪ってリードしたが、相手に押さえ込まれ、合わせ技で逆転負けした。

 上野君は「決勝は前に勝ったことがある相手だったので負けて悔しいけど、今まで...    
<記事全文を読む>