水泳の岐阜県高校総体兼東海県予選最終日は30日、長良川スイミングプラザで競泳を行い、男子100メートルバタフライの所祥生(大垣商)が、2年生ながら大会新記録の55秒80で優勝した。

 男子100メートル自由形は沢村祥(加納)が制し、29日の同50メートル自由形と合わせて、2年連続個人2冠。女子200メートル個人メドレーは、400メートルも制した山岡ケイ(帝京大可児)が3年連続個人2冠を獲得。女子100メートル自由形では岩井芽依(大垣商)が、200メートル自由形に続く優勝で、個人2冠を手中に収めた。

 女子リレー種目の大垣垣商は800メートルリレーで県新記録、40...    
<記事全文を読む>