サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)プレミアリーグ東地区は14日、第10節3試合を行った。磐田ユースは1―2で4試合ぶりに黒星を喫し、最下位に転落した。
 全国高校総体、日本クラブユース選手権(U―18)開催のためリーグは中断し、8月24日に再開する。

 ▽東地区
 市船橋高(千葉)(11) 2(1―0 1―1)1 磐田ユース(8)

 ■終盤執念も追い付けず
 最近3試合連続で後半ロスタイムに追い付いていた磐田ユース。市船橋高(千葉)戦も1―2の終盤に執念を見せ、ロングスローからFW池端が頭で狙ったが、惜しくも決められなかった。...    
<記事全文を読む>