津市の久居農林高校三年の伊藤徹也さん(17)が、五月に茨城県であった「第十八回全国高等学校アームレスリング選手権大会」のライトハンド(右腕)60キロ級で優勝した。昨年、準優勝に終わった悔しさを見事に晴らし、「将来は一般の部でも全日本チャンピオンになりたい」と夢を語る。

 伊藤さんは現在、松阪牛の牧場を経営する父の浩基さん(41)が、津市一志町高野で開いているアームレスリングのジム「伊藤牧場」で練習に励んでいる。

 伊藤さんがアームレスリングを始めたのは、高校一年の夏。中学時代はサッカー部だったが、腰をけがして活躍することができなかった。高校では部活に入らずにいた...    
<記事全文を読む>