東海高校総体は16日、日本サイクルスポーツセンターなどで自転車とハンドボールの2競技を行った。自転車は男女ロードレースを行い、女子は若原梨々花(岐阜第一)が優勝した。

 男子は三嶋陸斗(岐南工)が準優勝。学校対抗は岐南工と岐阜第一が得点で並んだが、優勝の数が多かった岐南工が2年ぶりに制した。

 ハンドボールは男子の市岐阜商と高山西がいずれも準決勝で敗れた。

 全国総体「南部九州総体2019」は、鹿児島県など4県(セーリングのみ和歌山県固定開催)で、7月24日から8月20日に行われる。

...    
<記事全文を読む>