全九州高校体育大会は16日、佐伯市の佐伯中央病院アリーナなどで19競技があった。
 県勢はバレーボール女子の東九州龍谷が5連覇を達成し、ハンドボール女子の大分も優勝。陸上女子200メートルは加藤汐織(雄城台)が制し、頂点に立った1600メートルリレーも含めて4冠の快挙。雄城台は女子総合でも1位となった。
 ボートダブルスカルは男女の三隈艇がアベックV。セーリング女子FJ級で翔青Aが頂点に立ち、女子学校対抗でも優勝した。
 カヌー男子カナディアンシングルの米光陸(高田)、重量挙げ女子64キロ超級の伊藤優花(杵築)、少林寺拳法男子単独演武の穴井達大(玖珠美山)...    
<記事全文を読む>