5月末から6月初旬にかけて伊勢市で行われた県高校総体陸上競技女子400メートル障害で、四日市商3年の奥林凜が、1分0秒56の県高校新記録で2連覇した。全国高校総体(インターハイ)東海ブロック予選を兼ねて21日から静岡県で開かれる東海高校総体へ、同種目では初めて出場する。県総体で1分1秒87の大会新記録を樹立した昨年は、右足裏の疲労骨折のため出場を断念している。インターハイ出場と自己記録の更新目指して、高校最後の東海総体に挑む。

今月1日にスポーツの杜伊勢陸上競技場で行われた県総体女子400メートル障害決勝。2位以下の選手を6秒以上突き放す圧勝で2連覇を果たした。決勝タイムは2...    
<記事全文を読む>