東海高校総体の自転車第1日は14日、日本サイクルスポーツセンターで行われ、男子4000メートル団体追い抜きで、岐南工が4分31秒914で圧勝した。同チームスプリントは岐阜第一が1分19秒427で制した。

 個人では、男子3000メートル個人追い抜きで全国高校選抜覇者の安達光伸(岐南工)が優勝。女子500メートルタイムトライアルでは、1年生ながら大野風貴芽(岐阜第一)が頂点に立った。

 全国総体「南部九州総体2019」自転車は、沖縄で7月29日から8月2日まで行われる。

...    
<記事全文を読む>