全国高校総体(インターハイ)県予選は9、10の両日、栃木翔南高体育館ほかで行われ、フェンシング団体フルーレの男子は宇南が3年連続3度目、女子は宇中女が2連覇を達成した。

 男子個人は京極光志(きょうごくこうし)(宇南)がサーブルを制してフルーレと2冠。エペは2年生の伊藤海之亮(いとううみのすけ)(栃商)が王座。女子エペは1年生の大西愛(おおにしあい)(同)、サーブルは中島毬那(なかじままりな)(栃木翔南)が頂点に立った。

 ソフトテニスは女子個人の決勝までを行い、三好夏未(みよしなつみ)・牧野奏音(まきのかやね)組(白鴎足利)が優勝を飾った。

...    
<記事全文を読む>