2019年度四国高校選手権前期大会(14~17日・四国各県)に先立ち、自転車競技のロードレースが8日、広島県三島市の県中央森林公園で行われた。1周12・3キロのコースを6周する73・8キロで競った男子で、徳島県の久賀壮大(小松島西)が5位に入賞し、上位8人に与えられる全国大会出場権を獲得した。

 久賀は「3周目から逃げた先頭集団の中でチャンスを狙っていた。順位は悔しいが全国大会に出場できるので、さらに脚力を強化して備えたい」と話した。

 

◇1位と徳島県関係の成績
[男子]ロードレース(73・8キロ)<1>北宅柊麻(松山城南)1時間58分16秒83<5>...    
<記事全文を読む>