県高校総体バスケットボールは八日、決勝リーグ最終日の男女各二試合が袋井市のエコパアリーナで行われた。男子は二勝同士の飛龍-藤枝明誠戦が事実上の決勝となり、勝負どころで力を発揮した飛龍が勝って三連覇した。二敗同士の静岡学園-浜松学院戦は、静岡学園が勝った。女子も二勝同士の浜松開誠館と常葉大常葉が対戦し、浜松開誠館が大勝して四連覇を果たした。二敗同士の島田-静岡西は、島田が勝利した。

 

◆飛龍 残り2分から逆転、雪辱

 クロスゲームとなった飛龍-藤枝明誠の勝利の行方は、最終の第四クオーターまでもつれた。残り約2分で65-65の...    
<記事全文を読む>