<シュート精度高く>
 男子は青森中央が10年ぶりに頂点に返り咲いた。野辺地との決勝は終始優勢に試合を展開、各選手が次々とシュートを決めた。今川主将は「とても良い試合ができた。去年夏のきつい練習を通して体力や技術が身に付いたと思う。優勝できてうれしい」とさわやかな笑顔を見せた。

 試合終了直後、チーム全員に胴上げされると野呂監督は男泣き。青森中央に赴任して5年。ハンドボール未経験からスタートし、同校を県のトップに引き戻した監督は、「コーチやOB、保護者の方々のおかげで、ここまで来られた。本当に巡り合わせが良かった」と感謝していた。

<青東、2校の牙城崩す...    
<記事全文を読む>