柔道の第67回関東高校大会最終日は2日、前橋市のALSOKぐんまアリーナで開かれ、県勢は団体で女子の健大高崎が準々決勝に進出するも、相洋(神奈川)に1―2で敗れて4強入りを逃した。

 男子の前橋商は強豪の桐蔭学園(神奈川)と3回戦で激突して姿を消した。女子個人は前日に4強進出を決めた52キロ級の北島美咲(勢多農)と78キロ超級の金子綾夏(前橋育英)が、ともに準決勝で敗退した。

...    
<記事全文を読む>