地元で最高の笑顔を咲かすことはできなかった。バドミントン女子団体の作新は3年連続の準優勝。遠藤敦史(えんどうあつし)監督は「気持ちが入っていない。これまでの頑張りが台無しになった」と、決勝の戦いぶりを強く批判した。

 2年連続決勝で敗れていた女王・埼玉栄(埼玉)が準決勝でまさかの敗退。プレッシャーから解放された安心感と、優勝に対する気持ちの低さが選手のプレーに現れた。

 準決勝で見せた粘り強さはこつぜんと消えた。3面同時展開で行われた決勝は、第1ダブルスの杉村南美(すぎむらみなみ)・山崎美咲(やまざきみさき)組が単調な攻撃に終始。第2ダブルスの小島帆乃果(こじま...    
<記事全文を読む>