東海高校総体は22日、静岡県内で各競技が行われ、陸上は男子800メートルで望月遥平(御殿場西)が1分51秒79で優勝した。女子800メートルは仲子綾乃(浜松西)が2分8秒61の大会新で制し、400メートルとの2冠を果たした。
 男子100メートルは中村彰太(浜松工)が10秒48の好記録で連覇。3000メートル障害は大沢健人(韮山)が9分14秒04で頂点に立った。
 男子走り高跳びの太田蒼翔(浜松市立)、同棒高跳びの松本英紳(浜松西)は2位。400メートルリレーは東海大翔洋の男子が6位、女子が4位に入り、そろって全国総体出場を決めた。

...    
<記事全文を読む>