バスケットボールの近畿高校大会最終日は23日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女の準決勝と決勝があり、兵庫勢で唯一、4強入りした男子の報徳は準決勝で洛南(京都)に73-92で敗れた。

 男子準決勝の報徳は、2月の近畿新人大会で破った洛南に、今度は歯が立たなかった。田中コーチが「デービッド(コンゴロー)頼みじゃ駄目」という課題が浮き彫りになった。

...    
<記事全文を読む>