兵庫県高校総体は9日、各地で12競技が行われ、バスケットボールの女子は市尼崎が3年連続7度目の優勝を飾った。

 今年から1枚に減った兵庫県のインターハイ切符は、苦難の道のりを歩んだチームに舞い込んだ。バスケットボール女子は、市尼崎が県総体3連覇。けがで出場できなかったエース雑賀は「いろいろとつらかった。学校はいま揺れているけれど、自信を持って行動して、市尼崎に光を当てたかった」と涙を流した。

...    
<記事全文を読む>