(第4日、16日・西武台高校ほか)

 準々決勝を行い、武南、西武台、聖望学園、国際学院がそれぞれ勝って準決勝進出を決めた。4強入りは国際学院が初、西武台が2年ぶり、聖望学園は3年ぶり、武南が5年ぶり。

 国際学院は0―1の後半5分に下口のゴールで追い付き、同8分には植木の右CKに菅生が頭で合わせて勝ち越し。西武台は0―0のまま突入したPK戦でGK高橋が2本のビッグセーブを披露し、正智深谷を退けた。関東大会県予選を制した武南は安野の決勝ゴールで埼玉栄に3―2と競り勝ち、聖望学園は西沢が決勝点を決めて1―0で細田学園を退けた。

 準決勝は19日、浦和駒場...    
<記事全文を読む>