高校ラグビーの舞鶴と天理(奈良)の交流試合が8日、大分市の豊後企画駄原球技場であった。ラグビーワールドカップ日本大会開幕まで100日余りとなり、大分市実行委が機運を盛り上げるため企画。今春の全国選抜大会で4強入りした天理が強さを見せ、舞鶴は10―68で敗れた。
 両校は1983年度の全国高校大会決勝で対戦した。舞鶴は終了間際にトライを奪って16―18とし、決まれば両校優勝となるゴールキックが外れた。高校ラグビー史に残る一戦は、松任谷由実の名曲「ノーサイド」のモデルになったとされる。
 会場には両校のOBやラグビーファンら約800人が詰め掛け、熱戦を楽しんだ。
<記事全文を読む>