団体は3年連続28度目の頂点に立っている向の岡工と、旭丘が抜けている。 昨年のインターハイで3位だった向の岡工は、今年も実力者ぞろい。石塚は立ち合いのスピードと突きを武器に、4月の関東大会県予選個人戦を制した。準優勝の小原も注目選手だ。

...    
<記事全文を読む>