男女決勝などを行い、女子は岐阜各務野が56連覇、男子は岐阜総合が7連覇を果たした。3枠の全国切符を争う男子の東海総体へは三重が不参加のため、岐阜総合の全国出場が決まった。

 女子の岐阜各務野は決勝で岐阜総合と対戦。開始30秒で先制するなど、7-0で快勝。男子の岐阜総合は決勝で可児工と戦い、好機を確実にものにして3-1で制した。

 優勝校が東海に進出し、女子は上位2校が全国に出場する。

◆期待の1年生加入、攻撃に厚み

 ともに前チームから主力で、今チームの得点源でもあるFW五島希とMF田中季里に、期待の1年生が加わり攻撃に厚みができた女子の...    
<記事全文を読む>