第54回群馬県高校総体は11日、各地で21競技を行い、柔道男子団体は前橋商が3年ぶり27度目、女子団体は常磐が2年連続5度目の優勝を飾った。テニス男子団体は太田、女子団体は前橋育英がそれぞれ決勝を3―0で快勝。新体操女子団体は富岡が統合後初、前身の富岡東を含めると10年ぶり14度目の女王の座に就いた。メイン会期最終日の12日は20競技を行う。

(ALSOKぐんま武道館)
 【男子】▽準決勝
前橋商 3―0 前橋育英
桐生第一 3―1 常 磐
 ▽3位決定戦
常 磐 4―0 前橋育英
 ▽決勝 ...    
<記事全文を読む>