第67回春季関東地区高等学校軟式野球大会栃木県予選最終日は8日、キョクトウベリースタジアム(鹿沼運動公園野球場)で決勝を行い、作新が4-0で佐野日大に完封勝ちし、3年連続37度目の優勝を果たした。

 作新は三回2死一、二塁から小林一樹(こばやしかずき)の右前適時打で先制し、五回は小林一の投ゴロの間に三走が生還して追加点。3点リードで迎えた八回は代走の菊池唯人(きくちゆいと)が二盗、三盗に続いて本盗を決めて突き放した。守ってはエース福田陽也(ふくだはるや)が2安打完封した。佐野日大は四球などで得点圏に走者を進めたが、後続に一本が出なかった。

 関東大会は25日に東...    
<記事全文を読む>