兵庫県尼崎市立尼崎高校男子バレーボール部で、コーチを務める男性臨時講師(28)の体罰で部員がけがをした問題で、講師が部員に平手打ちをする中で「サイコパス(精神病質者)」と暴言を浴びせていたことが、市教育委員会の調査で分かった。

 市教委が部員らへの聞き取りを進めたところ、講師が部員に平手打ちをしながら「サイコパス」と言っていたという複数の証言があり、講師も認めたという。市教委は人格否定に当たるとみている。

 市教委によると、体罰があったのは4月29日の練習試合のウオーミングアップ中。ボール拾いを指示した講師が3年生部員とやりとりする中で返事の仕方に立腹し、後ずさ...    
<記事全文を読む>